[PR] CI SERI 雑記 Lyon リヨン 忍者ブログ
LYON STYLE SERI 雑記 曲げわっぱ弁当、釣り、フラワーなどなど・・・
Calendrier カレンダー
08 2019/09 10
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
Pitcha日記


ん?これはやさいだよね。食べてみよう。



せりがクリスマスローズを見せてくれました。おにわのを入れたんだって。



1.2.3.4....ブーケのかずをさいしゅうチェックしています。まだあるよ。



さいきん、うつしてもらえてないからね、わざっとつうか中!



SERI、カーテンしめないと、ヒカリがつよすぎるよ。



じゅんびオッケーです!



むらさきの花を食べたのが見つかってしまいました・・・。(汗)



シャキーン!!きおつけのしせいで写真をとってもらっているところです。りれきしょに使える仕上がりです。



Seriのかわりに、さつえい用の はいけい色をえらんでいます。むむむっ。



さつえいのときはひかりを読むひつようがあるよ。



Seriはおべんとう作りにはまっているのです。



ゆだんをしていたら春になってしまったよ。お花のマダムからkawaiiバックをもらいました。Seriがカメラのふくろにするそうです。いま、お礼のきねんさつえい中だよ。。



あきのブーケのゆれるかんじがここちいいよ。コスモスという花をはじめてみました。へんなにおいがするね。



ここで日向ぼっこをするのがさいきんのにっかなのです。しあわせ~♪



あ~!ギギちゃん、お花の水をのんじゃダメだよ。いくらのんでも毛のいろは黒いままだよ。はやくピンクになりたいね。



さつえいのじゅんびをしています。ひかりがつよいので、【御の字】づかいがじゅうようになるよ。



ちょっときゅーけー。おそとはさむいけど、お日さまはポカポカきもちいーよ。



そうべつ用花たばのさつえいをしています。立ちいち、このへんでOKかしらん?


アーカイブ
Profil プロフィール
HN:
SERI
年齢:
42
性別:
女性
誕生日:
1976/12/28
職業:
Fleuriste
趣味:
海釣り、潮干狩り、料理、レストラン巡り、ガーデニング
自己紹介:
フランスのフラワーデザインに魅了され 2002年に渡仏。 2004年、La Tour Roseにてレストランウェディングフラワー装飾を担う。フラワーデザインの研究とともにフランスで講師活動を行う。2006年9月日本帰国に伴い、活動拠点を日本に移す。
最新TB
最古記事
Code barre pour portable バーコード
ブログ内検索
カウンター
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6






クスクスが食べたいです。
作ってもらうと、夢中になって食べてしまうので
あとが大変なのです。

クスクス、お腹の中で膨らむのよね~。

もうお腹パンパンになって、苦しい思いをするのが分かっているのに
ついつい食べ過ぎてしまう
好きな食べ物のひとつです。


鶏の丸焼きの残りは、こうしてクスクスにしてもらうのが好きで~♪
缶詰使用の簡単料理です。
本物を食べたことがないので、これでも美味しく感じます。

本物はジャガイモなんか入んない!と怒られそうなクスクス。
久しぶりに食べたいな~。
PR



フォアグラが食べたい!
私が好きなのは、ソテーじゃなくて
テリーヌのほう。

香りの良いお酒を使って作られているので
食べると鼻の穴が膨らんでしまうような・・・
いや香り やはり味わいが勝ります。

自分で作ったほうが美味しいのかもしれないけど
温度管理とか難しそうなので
出来合いのものを買ってます。
これがまた色々種類があって、お値段もピンきり。
私は良心的な価格帯のものを選んでますが
十分美味しいです。
いいものを知らないほうがいいこともあるんです!(笑)


テリーヌは封を開けたらすぐに食べないと変色してしまうので
一番小さいサイズを購入。

これを、カリッとトーストしたパンにのせて食べるんですよぉ。
もう最高!
なかなか食べれない日本にいるから 余計に美味しく感じてしまうのかしら。

お夕飯の準備をしながら このトーストをつまんだり
シャンパンを飲んだり。
こういう時間の使い方は、日本ではないな~。

だって、ご飯の準備中は忙しくていて
お酒なんて飲んでいる場合じゃないもの。
フランスは ゆ~っくりなんですよね。

*最初はキッチン仕事を邪魔されている感があって、
料理に集中できないことにイラっとしてしまったり、
ゆ~っくり過ごすってことをなかなか楽しめなかったんですけどね~。


もうね、ずっとずっとこんなお天気だったんですよ。
このグレーの空、わかります?
身も凍る寒さでございます、
これからあの橋を渡るんですから
それはそれはもう痛みを覚える寒さを覚悟しなくてはなりません。

風がビュービュー。
地面が凍ってます。



人が歩くとゆれる橋。

寒さに顔をしかめながら、カメラを片手に前に進みます。
そういえば、川とか橋とか あまり写真に撮ってないな~と
きょろきょろ注意散漫に歩いていたら

おもいっきりコケました!!!!!!!
そりゃぁ見事に ずってん!と。
(絶対 橋揺れた)

落ちなくて良かった~。私もカメラも。

何年ぶりかに 膝っ小僧を見事に擦りむき
久々にお風呂で
「キャーしみる~」と声をあげたのでした。

打身で結構腫れたんですよ~(笑)


リヨンでプラリネといえば、この真っ赤なプラリネ。
凄い色でしょ~。

タルトはと~っても甘いので
自分で買って食べたことはないんですが、
ブリオッシュやデニッシュに混ぜて焼きこんだものは
お砂糖が滲みでて、カリカリに焼けたところができて
なかなか美味しいのですよ。


フランスのお菓子は、甘いものは甘く頂くのが流儀、
どっしり甘いのが主流です。
日本で流行っているデザートは甘さ控えめで軽い口当たりですよね。

上品なケーキもいいけれど
たま~にこんな本場のケーキも恋しくなります。





大きな瓶に入っているのがリヨンのプラリネ。



マルシェのチーズ。
同じチースですが、熟成具合で買い分けることができます。

一番若いのは、まだ発酵させてない(?)フレッシュな感じ。
徐々に水分も飛んで実が引きしまり
カビが全体に回っていく様子がわかります。


それにしても、このカビって表現、
他に良い言い方ありませんかな。
やっぱり「発酵」っすか?


リヨンの写真、まだまだ沢山あるのでご紹介していきま~す!
冬のリヨン、雲がど~んよりとしていて
寒さで霞がかっていて
お寒うございます。

ここは、リヨン歴史地区の旧市街へ渡る 通称「赤い橋」
橋を渡った正面には裁判所。
丘の上にはフルビエール大聖堂が聳え立ちます。

この赤い橋、数年前、邦画の舞台になっていましたが
見ていないのでよくわかりません。


それより!ここを訪れたことがある人・・・・というか
この辺りのひとはみんなご存知かと思いますが
日本人を見ると日本語でご挨拶くださる シルブプレのおっちゃんがボサボサのワンコと一緒に常勤されております。(されていた?)

前回のリヨン滞在で立ち寄ったときには お会いできなかったのですが、
いまもお元気なのでしょうか。
やっぱり寒い日はお休みされるのかもしれませんね。
・・・あぁそっか~、おっちゃんもバカンスなんだ!


リヨンの街でよく見かけるお菓子、ブーニュ。
うす~いクッキーを油で揚げたかんじ?

春巻きみたいな固いパリパリではなくて、
サクっホロっみなたいな優しい揚げ菓子。

粉砂糖をたっぷりまぶしていただきます。

これ、食べるととまらないのよね~。


ブーニュはケーキ屋さんで量り売りされているので
「1人分下さい」
とお願いすると 店員さんが手際よく箱に詰めてくれます。
でも・・・私の感覚では考えられない量・・・3人分くらいあるんじゃないかって大盛りにされちゃうんですよね~(笑)

私って、そんなに食いしん坊にみえるのかしら?
もしかして私のフランス語に原因が?そりゃまずいなぁ。。。。











少し前に記事にした、
恐ろしくて買うことが出来なかったカビのチーズ。

こんなチーズ、日本では見かけませんよね~。

これはソーヌ川沿いに出るマルシェで
撮影しました。
昔、日本のTVがこのマルシェを取材した際、
ここのおっちゃんもインタビューを受けて
「このチーズは僕のオリジナルだよ~」と
張り切って紹介していたそうです。(旅行に来た妹の話)

薄汚れたような色をしたふわふわカビのようなものが浮いている
この塊をみただけだったら
これがチーズであるとはわかりません。

でもカットしてみると なんだかおいしそうな?チーズが見えてますね。

私が気になって仕方がなかったのが小さいほうのチーズで
見た目は堅そうだし家畜の○○みたいだし・・・
果たしてチーズとして味わうことが出来るのだろうかと
ず~っとず~っと気にし続けて
結局一度も買わなかったチーズであります・・・・。

たぶん、次回訪れても買うことが出来なそう。
だってこれヤギチーズだよねぇ・・・。


フランスに行くとチーズの種類の多さに驚きます。
差が良くわからない・・・。

マルシェには自家製チーズを売りに来るプロデュクターもいて
チーズの熟成具合も、好みで買い分けることが出来ます。

チーズって発酵させているからカビが生えていても問題ないんだけど、
でもやっぱり青くてふわふわしたのがいっぱい付いてるチーズは
恐ろしくて買えない・・・。

かといってフレッシュすぎるのは好みではないし。


チーズのこと、分かるようになりたいな~。
いちおう、トムドゥサボアチーズは
プロデュクターのお宅へお邪魔して
牛やら調理場やら、熟成室やら見学したことはあるんですよ。

ここでもカビに驚いたわけですわ。。。。
え~!なで付けちゃうの???ってね。



ポストカード屋さん。
世界遺産に登録されている、リヨンの旧市街、観光地に住んでいたので
自分のアパートが写っているカードを探してみたり
いい写真スポットはないかと立ち見したり
そんな思い出のある場所です。


・・・・・・・・・・・・・・

年末です。みなさん、忙しくなりますね~。
私は毎年、家族の分の年賀状を作るのがお役目のひとつなのですが・・・
我が家は家族写真を使う慣わしがあるもので、
みんなの写真をかき集め、トリミングしたり、貼り付けたり
試行錯誤して作っていきます。


なのに!!

やっとのおもいで試作が上がり、みんなに見せると

「この顔じゃ嫌だ!」とか
「もっと小さくして」とか
「若い頃の写真がいい」とか

今頃になって注文がつきます。ったく~!(怒)


まさかの体調不良ですっかり制作着手がおくれてしまったので
大急ぎで仕上げに入ってます。
そんなこんなで、みんなもあわてて年賀状モードなもんでして
私の誕生日を全員忘れているようです。
もう22時過ぎてるけど 誰も気がつく気配なしです。

年をとって嬉しいわけじゃないけれど
家族に何も言われないのは ちょっとさびしいかも。


サンニジエ教会。
街中にありながら、扉をくぐれば別空間。
静かで、気持ちいい温度。

建築、ステンドグラスが見事です。


寒かったリヨン、そろそろ春の色に染まってきたかな~。


沢山の写真、同じような写真ばかりだけど
どれも捨てがたくて・・・。

サンジャン教会。

まだまだ載せきれてません。

フランスの街並みは 日本とは違って
大きな街路樹、きれいな青空、重厚な建物、
どれもとても新鮮で魅力いっぱいです。

けれど目で楽しむだけでなく 空気も十分、異国を感じさせてくれます。
教会の中を流れる空気は特別なものを感じます。

お寺や神社とはまた違った空気なんですよね~。





これな~んだ!?
黒い、泥団子みたいなの。
お値段を見ると100g6000円の値札が・・・・。
高い!!

これ大ヒントですよ~。


みなさんわかりましたか?

正解は
フランス三大珍味
【トリュフ】

でした。

見たところ、ほんとにドロ団子ですよ。
マルシェで発見したのですが、これも量り売り。
1個どれ位するんでしょうね。
10ユーロくらいで買えちゃうのかな。

検討がつかないで買うのは超冒険なので
写真だけ撮らせてもらいました。


おばあちゃんのアンティークグラス。
お嫁に来るときに持ってきたという、代々受け継がれるグラス。

引き出しにしまっていてはもったいない、
華奢で味のあるグラスたち。

きれいに大事に使われているのが良くわかります。
レッスン空席状況
フラワーアレンジメント教室への参加者を募集しています。お友達をお誘いあわせて是非ご参加下さい♪


長い間お休みを頂き、大変ご迷惑をお掛けしました。

【クリスマスリースレッスン2018】
まとまったお席、まだご用意できます♪

11月24日(土)14:00~満
11月25日(日)14:00~空
11月27日(火)10:30~満
12月 1日(土)14:00~空
12月 2日(日)11:00~満
12月 8日(土)14:00~空



【パンレッスン】
【デザートレッスン】
ご希望にお応えして始めました。
手作りを楽しみましょう。

【募集中】
☆スフレ風ガトーショコラ☆
☆ピザパン☆


ご予約随時受付中!ご希望日をお知らせ下さい。


お問い合わせ lecoursfloral@aol.com まで宜しくお願いいたします。
Nouveaux messages   最新CM
(05/11)
(04/02)
(02/06)
(02/05)
(01/10)
(01/08)
(11/12)
(11/12)
(11/02)
(11/02)
Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]